脳の病気 脳卒中 頭痛 物忘れ 江別脳神経外科 江別脳神経外科外観

江別脳神経外科

住所:
〒069-0801
江別市中央町1-12
(三番通沿い)
TEL:
(011)391-3333
FAX:
(011)391-3311
休診日:
日曜・祝日

お知らせ

脳卒中後の痙縮に対するボツリヌス治療法を希望の方へ  NEW

<上下肢の痙縮とは>
脳卒中などの障害で起こる筋肉の異常な緊張の事です。
そのため肩、腕、手首、手指の異常な屈曲や、下肢ではつま先立ってうまく歩けない、かかとがつかないなど、リハビリテーションの障害となり日常生活にも支障が生じます。

<ボツリヌス治療法>
緊張している筋肉に直接注射すると、関節が動かしやすくなり、痛みの改善や、異常な姿勢や運動機能を改善させる事の出来る治療法であり、脳卒中の治療ガイドラインでも推奨されております。
但し、注射のみでは効果が弱く、リハビリと組み合わせることにより初めて、痙縮に対して有効な治療となります。
保険適用されますので、通常の保険負担割合で治療が受けられます。
当院医師による診察が必要ですので、ご希望の方はお問い合わせください。



関連:http://btx-a.jp/index.html
2014/2/4